腎臓病に適した食事方法|糖尿病やその他の病気における食事療法のポイント

糖尿病やその他の病気における食事療法のポイント

ご飯
このエントリーをはてなブックマークに追加

腎臓病に適した食事方法

ご飯

腎臓病については、腎臓の働きの度合いなど、その症状に応じて医師から各栄養素の摂取量について指示が出されます。それに基づいて適切な食事をとっていくことになります。では、とりすぎてはいけない栄養素はあるのでしょうか。
それは存在します。たんぱく質がそれにあたります。腎臓病においては、腎臓の働きが弱まってしまいます。一方、たんぱく質を摂取することにより腎臓でしか処理できない要素が多くなってしまうという事象が発生します。そのため、たんぱく質の摂取には注意が必要となるのです。たんぱく質は様々な食事に含まれているので、その中から1日の指示量に合った献立とすることが大事になってきます。また、腎臓病においては食塩を控える必要があります。味噌汁などの汁物や、漬物などには食塩が多く含まれますので、控えた方が無難でしょう。
一方で、十分に摂取すべき栄養素も存在します。それはエネルギーです。エネルギーが不足してしまうと、結果的にたんぱく質を多く摂取した状況と同じような状況が作り出されてしまうので、腎臓病には良くありません。エネルギーが含まれておりたんぱく質が含まれていない物質として、砂糖やでんぷんがあります。たんぱく質を摂取しすぎずにエネルギーを十分に摂取するような食事を行なうことが必要です。
このように、腎臓病の食事療法として十分に摂取すべき栄養素やとりすぎてはいけない栄養素が存在します。これらに気を付けた献立を用意することが腎臓病の治療に重要な要素となってくるのです。